認定医制度 information

認定医制度について

日本臨床免疫学会 免疫療法認定医制度について

日本臨床免疫学会 学術・認定医委員会  
認定医・ガイドライン小委員会  
委員長 渥美 達也  


 日本臨床免疫学会免疫療法認定医制度は、横断的な臨床免疫学基礎知識を有し、全身性あるいは
臓器特異的自己免疫疾患に対する免疫抑制療法、先天性免疫不全症や腫瘍等における免疫療法など、
免疫システムに関わる治療の知識と実践を支える基本的技術を習熟した医師を養成することで、広く
国民の福祉に貢献することを目的として発足いたしました。
 本制度では研修認定セミナーや学術集会での教育プログラムの提供を通じて認定医の質の維持に努
めてまいります。


1. 認定医資格有効期間延長

本年前半、COVID-19の影響により、単位取得可能なセミナーが中止となったことを考慮し、さらに、学会の一般社団法人化により事業年度が9/1から翌年の8/31となったことにともない、下記の通り認定医資格有効期間を8ヵ月間延長し、変更いたします。

また、初年度更新者に限っては、単位取得方法の周知が徹底されていなかったこと、地域での単位付与の制度設計が遅れたことなどを考慮し、1年8ヵ月の延長とします。

現在認定医資格を保有する会員には、資格有効期間を変更した認定証を年内に郵送いたします。


2018年認定:2018/1/1~2022/8/31

2019年認定:2019/1/1~2022/8/31

2020年認定:2020/1/1~2023/8/31

2021年以降認定の場合、認定期間は、9/1〜3年後の8/31となります。



2. 申請期間

従来、新規および更新申請期間は、認定期間開始前後の2-3ヵ月に限定していましたが、今後、通年で申請可能とします。

前年8月1日から申請年の7月31日までに書類提出があったものが認定されれば、申請年の9月1日からが認定期間となります。(申請年8月31日時点で本学会に累積して3年以上所属しており、会費を完納していることが必要です。)

2021年の申請:2020年12月1日より2021年7月31日まで:2021年9月1日から認定

2022年の申請:2021年8月1日より2022年7月31日まで:2022年9月1日から認定


必要な書類をそろえた上で、更新申請希望を事務局(jsci-nintei@icongroup.co.jp )まで連絡してください。

事務局より書類のアップロード方法、支払い方法等をご連絡します。書類提出後、審査には数週間をいただきます。


応募の詳細、必要な書類等は学会HP「認定医申請/更新」をご確認ください。認定医は3年ごとの更新が必要です。

http://www.jsci73.net/information/certified_about.php


申請書等は審査の目的のみに使用し、他の目的には一切使用いたしません。なお、申請書等は返却いたしません。

認定された方については、本学会ホームページ等で氏名等を掲載する場合があります。不都合がある場合は必ずご連絡をお願いいたします。



3. 認定単位取得方法

免疫療法認定の申請には過去2年間に研修認定単位6単位更新には過去3年間に同単位9単位が必要です。単位取得方法は、下記となります。


①毎年秋季に開催される学術総会に参加し、アニュアルエビデンスレビュー(AER)を聴講する。(AER会場で参加証を発行します):3単位

②毎年春季に開催されるアニュアルエビデンスレビュー(AER)に参加する。(今後、web受講併用を検討しています):3単位

※だたし、秋季の学術総会のAERと、翌年春季のAERは同じプログラムのため、両方参加しても3単位となります。6単位取得することはできませんので、ご注意ください。

春季のAERは、前年の学術総会に参加できなかった会員のために実施しています。

③地域で不定期に開催される、単位取得可能なセミナーに参加する。不定期ですが、1-3単位が取得できる場合があり、学会HPで広報いたします。



4. 更新期間の保留

海外留学、病気、出産・育児、介護その他、認定医委員会が妥当と認める理由があれば、その間その個人につき本制度の適応は留保し、その期間は次回更新期間から差し引かれます。なお、 留保期間中は認定医の資格を有するものとします。


更新保留は、更新期日までに文書で認定医委員会に申請しなければなりませんので、学会事務局までご連絡ください。



5. お問合せ先

日本臨床免疫学会事務局

jsci-nintei@icongroup.co.jp