学会誌 Media

号外:総会直前号 2017.9.20

◆日本臨床免疫学会 メールマガジン号外◆

大会長からのメッセージ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ー横断的免疫学から疾患の克服へー
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本臨床免疫学会
JSCIメールマガジン号外:総会直前号
===============================

第45回日本臨床免疫学会総会まであと10日を切りました。
今回は大会長からのメッセージをお送りします。
素晴らしいプログラムの内容は 

http://www2.convention.co.jp/45jsci/index.html

でみることができます。
皆さんふるってご参加下さい!

===============================================
■第45回日本臨床免疫学会総会
会期:2017年9月28日(木)~30日(土)
会場:京王プラザホテル(新宿区)
================================================

本総会のメインテーマは「Human Immunology が拓く免疫学の New Horizon」といたしました。
これまで築き上げられた臨床免疫学をさらに大きく飛躍させ難病を克服していくには「ヒト免
疫学による基礎研究」が最も重要であるという私たちの決意を示しております。
新しい免疫学的な治療法の開発が飛躍的に進歩し、生物学的製剤をはじめとした新規治療が
次々に臨床応用されており、日本臨床免疫学会の今後の担うべき役割は益々大きくなってき
ています。

特別講演として、がん免疫療法の概念の確立に中心的役割を果たしてこられた本庶佑名誉教授
(京都大学)に発見の経緯とその概念確立についてご講演いただきます。
今回は日本消化器免疫学会との合同シンポジウムも企画しており、「細菌叢と免疫疾患」
「免疫疾患の新たな治療開発」についてより深い分野横断的な議論が期待されます。
教育セミナーとして、iPS細胞技術を用いた創薬研究について岡野栄之大学(慶應義塾大学)、
好塩基球の存在意義と病態形成における役割について烏山一教授(東京医科歯科大学)にご講演
いただきます。このほか、シンポジウム、ワークショップなどプログラム委員会において分野
横断的かつ各種疾患の克服につながるテーマを長期的な視野から企画立案いたしました。
さらに,若手研究者による口演の機会も設けております。活発なご討論を期待しております。

是非、多くの会員の皆様にご参加いただけますと幸甚です。
皆様と会場でお会いできることを心待ちにしております。


第45回日本臨床免疫学会総会
会 長  渡辺 守
(東京医科歯科大学 消化器病態学)

〔本件に関するお問い合わせ先〕
第45回日本臨床免疫学会総会 運営準備室
日本コンベンションサービス株式会社 内
TEL: 03-3508-1214 / FAX: 03-3508-1302
E-mail: 45jsci@convention.co.jp

(送信元)
***********************************
日本臨床免疫学会 
http://www.jsci73.net/
【日本臨床免疫学会事務局】
株式会社ウィアライブ
学術支援部 学会事務室内
〒104-0041 東京都中央区新富1-12-4
Tel. 03-6693-2842 Fax.03-3552-4178
***********************************