学術集会・総会 Meeting

第35回日本臨床免疫学会総会

太陽の塔
第35回の様子
優秀ポスター賞発表

大盛況のうちに終了しました。ご協力ありがとうございました。

会期
2007年10月19(金曜日)~20(土曜日)
会場
  • ホテル阪急エキスポパーク
  • 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-5
  • TEL:06-6878-5151
会長
吉崎 和幸(大阪大学 保健センター 大学院医学系研究科・身体防御健康医学)
連絡先
  • 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1
  • TEL:06-6879-8961
  • FAX:06-6879-8971
ホームページ
med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/jsci2007/
E-mail
jsci2007-gakkai@umin.ac.jp

質問等はこちらから

優秀ポスター賞の発表

  • 演題番号 1
  • 演題番号 13
  • 演題番号 38
  • 演題番号 76
  • 演題番号 89
  • 演題番号 1

    演題
    当科で経験したIgG4-related plasmacytic
    disease40例の臨床的特徴の解析
    演者
    *山本 元久1)、苗代 康可1)2)、山本 大輔1)、五十嵐央祥1)、村上 佳世1)、小原美琴子1)、鈴木知佐子1)、山本 博幸1)、高橋 裕樹1)、篠村篠村 恭久1)、小海 康夫2)、今井 浩三3)、正木 康史4)
    筆頭演者所属
    1)札幌医科大学医学部 内科学第1講座

    演題番号 13

    演題
    TAT-PTDを用いたリコンビナントCDKIタンパクの関節リウマチ滑膜線維芽細胞への導入
    演者
    中里  款1)、野々村美紀1)、宮坂 信之、上阪  等
    筆頭演者所属
    東京医科歯科大学大学院膠原病・リウマチ内科学

    演題番号 38

    演題
    SLEモデルにおけるFoxp3陽性制御性T細胞の増加
    演者
    *阿部  淳1)、石川  昌1)、上羽 悟史1)、鈴木  淳2)、松島 綱治1)
    筆頭演者所属
    1)東京大学大学院医学系研究科分子予防医学教室

    演題番号 76

    演題
    サイトカインによるヒトC-reactive protein(CRP)の転写調節機構の解析
    演者
    *西川 哲平1)、萩原 圭祐2)、吉崎 和幸1)2)
    筆頭演者所属
    1)大阪大学保健センター

    演題番号 89

    演題
    自己免疫疾患を伴ったICOS欠損症患者姉弟例の解析
    演者
    *高橋 尚美1)、森尾 友宏1)、松本 健治2)、齋藤 博久2)、南木 敏宏3)、宮坂 信之3)、東 みゆき4)、水谷 修紀1)
    筆頭演者所属
    1)東京医科歯科大学 発生発達病態学分野

    筆頭演者

    一般演題の筆頭演者は会員に限られます。
    未入会の方は日本臨床免疫学会事務局まで、住所・名前を記入の上、メールにてお申し込みください。
    入会申込用紙・会費振込票・2007年度発行済み学会誌を郵送いたします。

    発表

    一般演題で採択された演題のうち、内容によってはワークショップにて発表していただく場合があります。
    また、一般演題の中から「優秀ポスター賞」を5題程度選定する予定です。

    抄録集発行のお知らせ

    日本臨床免疫学会誌30巻4号(抄録集号)は2007年9月末に発行されました。
    ご希望の方は、送付先住所、氏名、冊数を記入の上、日本臨床免疫学会事務局までご連絡ください。
    料金振込票を同封の上、ただちに郵送いたします。料金は1冊につき3,000円+送料実費。

    各種会合

    評議員会の時間が変更されました。15分遅くなります。出席者はご注意願います。(2007年8月6日変更)
    編集委員会の時間が変更されました。大幅に遅くなります。出席者はご注意願います。(2007年8月31日変更)

    会合 日時 会場
    編集委員会 10月18日(木曜日)15時30分~16時45分 きじ・ひばり
    次期プログラム委員会 10月18日(木曜日)15時15分~16時45分 光輝
    理事会 10月18日(木曜日)17時~18時 光輝
    評議員会 10月19日(金曜日)17時45分~18時15分 星雲1
    事務総会 10月20日(土曜日)13時50分~14時30分 オービットホール

    資格更新のための単位が取得可能

    総会出席により以下の資格更新のための単位が取得可能です。
    総会出席カードのコピーを各学会に提出してください。発表者は、演題コピーを各学会に提出してください。

    学会名 資格名 取得可能単位および点数
    日本リウマチ学会 専門医 3単位(筆頭発表者は5単位加算)
    日本アレルギー学会 専門医 4単位(筆頭発表者は3単位加算)
    日本血液学会 専門医 3単位(筆頭発表者は5単位、それ以外の発表者は2単位加算)
    日本皮膚科学会 専門医 6単位(筆頭発表者は5単位加算)
    日本消化器病学会 専門医 6単位(筆頭発表者は2単位加算)

    ランチョン教育講演1題につき、日本リウマチ財団登録医教育研修1単位を取得

    プログラム

    10月19日

    第一会場 オービットホール(H階)

    • 9時15分~9時20分 開会挨拶
    • 9時20分~10時50分 ワークショップ1
      「臨床免疫学の将来を示唆するミッドウィンターセミナー」
    • 10時50分~11時30分 Plenary Lecture I
      審良 静男
    • 11時40分~12時20分 ランチョン教育講演I
      田中 良哉
    • 13時10分~15時35分 シンポジウム1
      「診療科の壁を越える共通語―IL―6を例として」
    • 15時35分~17時35分 シンポジウム2
      「免疫機序で語る異分野疾患―免疫学的病態―」
    • 18時20分~ イブニングディスカッション

    第二会場 星雲1(2階)

    • 9時20分~10時50分 ワークショップ2
      「自己抗原、自己抗体―診断、治療への展開―」
    • 11時40分~12時20分 ランチョン教育講演2
      高柳  広
    • 17時45分~18時15分 評議委員会

    第三会場 星雲2(2階)

    • 9時20分~10時50分 ワークショップ3
      「T細胞サブセット(Th1、Th2、Treg、Th17、NKTと炎症)」
    • 11時40分~12時20分 ランチョン教育講演3
      廣畑 俊成

    第四会場 泉(東館1階)

    • 9時20分~10時50分 ワークショップ4
      「疾患モデル動物を用いた病態解析と治療への展望」
    • ~20時30分 懇親会

    ポスター会場 月光(2階)

    • 8時45分~9時30分 ポスター貼付け
    • 9時30分~12時20分 閲覧
    • 12時20分~13時10分 討論<奇数>
    • 13時10分~17時35分 閲覧

    機器展示会場 オービットホールロビー(H階)

    • 9時00~17時45分 機器展示

    10月20日

    第一会場 オービットホール(H階)

    • 8時30分~10時30分 シンポジウム3
      「分子・細胞をターゲットとしたImmunological Intervention」
    • 10時30分~11時10分 Plenary Lecture
      坂口 志文
    • 11時10分~11時50分 特別講演
      岸本 忠三
    • 12時~12時40分 ランチョン教育講演4
      山中  寿

    ポスター会場 月光(2階)

    • 8時30分~12時40分 閲覧
    • 12時40分~13時50分 討論<偶数>
    • 13時30分~16時30分 閲覧
    • 16時30分~17時30分 撤去

    機器展示会場 オービットホールロビー(H階)

    • 8時30分~17時 機器展示